中国特許和訳講座フロー

会員ログイン

① 本講座では、特許文献のうち最も重要なクレーム部分(特許請求の範囲 請求項)を課題として取り組んでいただきます。毎回、独立項と従属項(1、2)を課題とします。

当社HPから課題をDLしていただきます。PDF データです。

2_課題.pdf」 課題サンプルです。

1 週間以内に課題の和訳文を提出していただきます。

② さらに1週間後、当社講師から課題についての解説と、受講者訳文の評価を行いま

す。

3_解析.pdf」 課題の文章解析です。

4_解説.pdf」 課題の解説と訳文評価です。

5_訳例.pdf」 課題の模範訳例です。

③ その後3日間、受講者からの質問にお答えいたします。

講師紹介

福田義人

2008 年~2013 年北京東櫻花翻訳有限公司総経理。現在は株式会社外文取締役。

主要訳書『ハイアールの戦略』(孫健著)、『中国四方山話』(易中天著)、『日本特許用語ハンドブック』(中国知識産権出版社)など。