第2期の中国特許和訳講座8回目が終了しました。(講師より)

中国特許の独立クレームをいかに日本特許のクレーム文体にするかを学びました。
典型的なクレーム文からややイレギュラーな文体までを課題とし、多くの受講者がレベルアップを実現し、半数以上のかたが実戦力を身につけられました。
近々、第3期講座を開始予定です。

また審査官向け、知財関係者向け(知財には詳しいが、中国語力がもうひとつの方)対象の中国特許和訳講座も準備しています。機関様、企業様からのご用命をお待ちしております。

講座便り 講師より

One thought on “講座便り 講師より

  • 2015-10-27 at 4:00 PM
    Permalink

    中国特許和訳講座全8回が終了しました。参加者の皆さん、3ヶ月間お疲れさまでした!
    今回の講座について、ご意見やご感想等ぜひお聞かせください。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です